施設管理

施設管理Job collection

神林 龍Ryu Kanbayashi

2009年入社

学生時代は「エンターテインメント」をキーワードに就職活動。レコード会社や玩具メーカー、アパレルメーカーなどをまわっていた。そのうち、各社が店舗を出している商業施設にも興味を抱くようになり、商業施設プロパティマネジメントの存在を知る。地元に愛される資産として施設を運営していくという事業に共感を抱き、三菱地所リテールマネジメントに入社した。

About the job「安心・安全・快適」の
側面から、
施設の価値の維持向上に貢献

商業施設の安全性や快適性を維持向上させるための各種オペレーションを統括するのが、施設管理の主な業務です。わたしたちは、各テナントと日々のコミュニケーションをとっているテナント営業担当と連携しながら、専門的な管理実務を担う各協力会社に指示を出したり、オーナーに対して施設管理面からの改善提案を行ったりすることで、よりクオリティの高い管理運営体制を実現します。このサイトで紹介している他の業務と同様、実務は多彩。設備類のメンテナンスや施設内の警備・清掃等の業務は、専業の協力会社と連携しながら進めますし、テナント向けの消防訓練の実施や衛生講習の開催、法令に基づいた各種点検および報告事項等に関する対応、改修やテナントの出退店にともなう共用部分の工事の管理、維持管理に関する年間の予算策定や計画立案なども担当します。商業施設のバリューアップに、ソフト・ハードの両面から直接関わっていけるのが、この仕事のやりがいだと思います。そして、何より重要なのが、担当する商業施設を安全・安心・快適な状態で運営し続けること。一般の利用者やテナントの従業員、オーナーにとって、商業施設が正常に運営されているのは当然のことですから、オーナー対応やテナント営業、販促といった、当社に求められる各種業務は、施設管理の基盤がしっかりしていなければ成り立たないのです。そういった意味で、商業施設PM業務の屋台骨を支えるとても重要な仕事だと思いますね。

テナント対応窓口としての日々のコミュニケーション営業担当者各テナントの個別の状況を把握施設管理担当者建物や設備の専門的な情報を把握商業施設PM消防・警察ほか行政関係の対応窓口業務統括指示出し業務報告法令に基づく各種調整や報告等の実施各種法令等協力会社

Case studyユーザーの気持ちになって
施設の改善点を探り
限られた予算のなかで
魅力アップを実現

現在は、管理統括部に所属し、法律で定められた提出書類の管理や、新規物件における施設管理業務のサポート業務などを担当しています。なかでも記憶に新しいのが「南砂町ショッピングセンターSUNAMO」の大規模リニューアルにともなう応援業務です。開業5周年を記念するメモリアルな取り組みとして、従来なかった店舗の誘致や共用部の改善がメインテーマになっていました。私自身は環境改善担当として、主に授乳室と喫煙室の改修を受け持ちました。男性ですし、タバコを吸わないので、いずれもどこから手をつけるべきか分からず、何度も現場に足を運びましたね。そんななか、授乳室のほうでは床がトイレと同じデザインになっていることに気づきました。これでは、不衛生なイメージを想起してしまうと思ったため、壁・床ともにカラーリングを変更しました。また、実際に自分でオムツ台に寝てみてふとひらめいたのですが、遊び心を採り入れるため天井からモビールを吊るすことにしました。一方、喫煙室は、従来は壁・天井ともに白を基調にしていましたが、経年劣化が目立ってしまいます。そこで、黄ばみを目立たせず、大人のくつろぎの空間という演出も狙って、黒を基調とした空間に変更しました。試行錯誤を繰り返した末にグランドオープン当日を迎えましたが、お客様の反応も上々で、ホッとしましたね。限られた予算のなかで、施設の魅力を高めるためには、使う人の気持ちになって考え抜くことが不可欠。そんな基本を改めて認識できました。

ユーザーの気持ちになって施設の改善点を探り限られた予算のなかで魅力アップを実現

More info

このJOBと関連性の高いJOBは…

テナント営業

それぞれのテナントに最も適した管理サービスを提供できるよう、営業からの情報を参考にします。

リーシング・出退店工事

出退店時の工事がスムースに進むよう調整します。

Extra

私について聞いてみました…

株式会社シービーエス|山口峰夫さん
(南砂町ショッピングセンターSUNAMO 設備担当 協力会社)

入社して間もないころにSUNAMOに配属されてきて、3年ほどご一緒しました。空調設備や電気設備などは専門用語がすごく多いので、我々協力会社とのやりとりには苦労したはず。分からない点はそのままにしないで熱心に質問してくる姿が印象的でした。しかも、同じことを何度も教えるということがなかったですね。きっと、見えないところで勉強していたんだと思います。東日本大震災後の節電対策などでは、アイディアを出してくれるまでに成長していましたよ。2013年の大規模リニューアルで思いかけず再会を果たしましたが、よりたくましくなっていました。きっと、現場で頼られる場面を多く経験したのでしょう。今後も、成長した姿を見るのを楽しみにしています。

My diary

4月~6月

防災訓練をはじめとした消防関連行事の企画・実施

夏季に備え、テナント向けに衛生講習や防犯講習などの各種講習を企画・実施

消防設備点検

その他各種設備類のメンテナンスの実施

7月~9月

近隣で開催される花火大会、お盆休み等の繁忙期のため、混雑時の誘導や急病人発生時の対応などを予め準備し、随時実施

冷房負荷が増えるため、空調を中心に省エネ対策を考案・実施

10月~11月

防災訓練をはじめとした消防関連行事の企画・実施

冬季に備え、テナント向けに各種講習を企画・実施
省エネに関する書類の作成と諸官庁への提出

12月~3月

クリスマスおよび初売り等の繁忙期のため、混雑時の誘導や急病人発生時の対応などを予め準備し、随時実施

電気点検日への対応

消防設備点検

  • ※上記の他、工事監理やオーナーへの共用部改修提案などは必要に応じて随時実施

防災訓練等の実施に際しては、いかに防災への意識を持って取り組んでもらうかがポイント。冷房の使用が多くなる夏の前には、節電箇所の選定など対策を講じます。普段はあまり目につかないかもしれませんが、急病人の対応なども意外に多いです。また、電気点検の日には全館が停電になりますから、例えば飲食テナントの冷蔵庫のケアなど、事前に様々な準備が必要となります。