CSR

CSR(企業の社会的責任)の取り組みについてご紹介します。

活動事例

PLA-PLUSプロジェクトへの参加
34b633efa3a8b9519c5e7f65b8539d286af789d8.jpg
環境省の実証事業である「PLA-PLUSプロジェクト」は、使わなくなった文房具やプラスチック製品等、これまでなかなか皆様の生活において回収が行われてこなかったものを回収対象とし、リサイクルの仕組みを作るプロジェクトです。当社では、"お客者から回収品を募るだけではなく、商業施設を運営管理する会社として出来る「環境への取り組み」とは何か"について議論を重ね、施設の立地や特徴に応じ、回収活動と併せて館内で計4種類の「環境ワークショップイベント」を実施しました。本イベントを通じ、メイン層として参加いただいたお子様だけでなく、親御様も一緒に"環境問題"について身近に触れていただき、「エコロジー×エンタテインメント」という切り口にてプロジェクトへ参加しました。
施設周辺でのごみ拾い活動
fb007299896e9f637432be8d9fb2e273a97cff0c.jpg
当社の運営する各施設では、周辺地域の清掃活動を実施しています。当社社員だけでなく、テナントスタッフや協力会社スタッフにも参加して頂き、地域の環境保全に努めています。友人や家族を誘って参加するスタッフもおり、コミュニケーションを図り楽しみながら清掃に当っています。
「みんなのビッグアート ~ギネス世界記録®に挑戦~」
801774609fbb6c6f6f7bea38a4f9a41c5acaa4a3.jpg
MARK IS みなとみらいでは、地元企業のサイダーやビールなどのガラスビン(空ビン)を使用し、「ガラスビンモザイクアート」を地域にお住まいの方々と一緒に制作しました。施設の開業日の6月21日にちなみ、『6,210本』のガラスビンを使用し、世界一多い本数を使ったモザイクアートとしてギネス世界記録®公式認定委員による審査、認定授賞式を開催し、地域の皆様との絆を深めてまいりました。またイベント終了後は使用した空ビンのリサイクルを行うなど、資源の回収・活用から再利用まで一貫した取り組みにつとめております。
環境に優しい商業施設の運営管理
thumbnail_990f65cde14ca94c1bf4751f0944e881cc9feb73.jpg
≪DBJ Green Building認証(MARK IS みなとみらい/MARK IS 静岡/ポンテポルタ千住)≫ 環境・社会への配慮が優れた不動産(グリーンビルディング)を対象に、日本政策投資銀行が「建物の環境性能」「テナント利用者の快適性」「リスクマネジメント」「周辺環境・コミュニティへの配慮」「ステークホルダーとの協働」の5つの視点で総合的に評価し、スコアに基づいて5段階の評価ランク(1つ星から5つ星)の認証を行うものであり、MARK IS みなとみらい★★★★★、MARK IS 静岡にて★★★★、ポンテポルタ千住にて★★★の認証を受けました。

≪生ごみリサイクルシステム(アクアシティお台場)≫アクアシティお台場では、約70店舗ある飲食店から出る、年間400トンを超える生ごみ(調理過程で発生するもの)について、焼却処分せずに、施設の専用 設備で一時処理したものを提携肥料工場に持ち込み、有機肥料へと蘇らせ有効活用しています。この肥料は園芸や家庭菜園にも役立てることができ、一部をイベント時に無料でお客様に配布を致しました。わたしたちの施設では、古紙類、ビン・カン・ペットボトル、発砲スチロール、蛍光管、飲食店食用廃油等の多岐品目にわたって分別リサイクルにつとめています。