会社情報

会社情報をご紹介します。

社長メッセージ

取締役社長
古草 靖久
プロパティマネジメント会社として
三菱地所リテールマネジメント株式会社は、2017年4月に三菱地所リテールマネジメント株式会社と株式会社イムズを経営統合し、商業プロパティマネジメント(PM)業界を代表する会社として、更なる発展を目指し、新たなスタートを切りました。
前身の三菱地所リテールマネジメント株式会社は、東京都港区の商業施設「アクアシティお台場」の事業会社として1991年に発足し、その後2007年に三菱地所100%出資による単独商業施設のPM会社となりました。一方、株式会社イムズは1989年に福岡市天神に誕生した「イムズ」の事業会社として発足し、近隣物件の受託も含め、福岡の地元に根差したPM会社として活動してきました。
経営統合により北は北海道から南は九州までの商業施設の運営に携わると共に、開発段階から商業施設に関わるなどPM会社として一層業容を拡大していきます。
ブランドスローガンの実践
三菱地所のブランドスローガン「人を、想う力。街を、想う力。」のもと、私たちは「人がふれあい、感動をいざなう。」をスローガンとして、 安心とおもてなしの心を基本としながら、わくわくするような躍動感溢れる新しい街づくりにチャレンジし続けています。商業施設の完成はデベロップメントの始まりに過ぎないと意識し、 施設年齢が常に旬であるよう努めています。拠って立つところは地域オリエンテッド。どの施設も立地する地域特性に応じた異なるコンセプトを標榜し、地域に愛され、 地域に必要とされる施設となることを目指して運営しています。
MARK IS(マークイズ)
2013年に三菱地所では今後開発するリージョナル・ショッピングセンター(RSC)については「MARK IS」という名称を冠することとしました。
地域のランドマークでありたいとの思いを込めたものであり、「MARK IS 静岡」、「MARK IS みなとみらい」から始まり、今後も「MARK IS 福岡ももち」など開発が進みます。このような開発理念による施設運営を通じて、 運営するすべての施設においてテナント様とのリレーション・販売促進・オーナー様関連業務に真摯に取り組み、お客様満足度の向上を目指します。
グループ外への事業拡大
三菱地所グループの商業施設運営で培ってきた経験やノウハウを、外部投資家やオーナー様にも提供していくべく、グループ外のPM受託や商業コンサル的なサポート業務受託を積極的に推進し事業拡大を図って参ります。
人がすべて
我々のサービスの根本は、人の明るさであり、組織を超えたチームワークであり、絶えざる学びの気持ちです。 社員だけでなくお店のスタッフの皆様、協力会社の従業員の方々との協働により、個性を活かした商業空間を創造し、進化させ、 しかも、効率的な商業PM業務を担うことのできるプロ集団としての会社を目指します。

地域の方々また関係する皆様と一体となった商業施設運営を通じて、施設価値の向上と社会への貢献を実現して参ります。